板中・細川、無失点で好投!大量得点で3連勝!

2014.4.13 板橋中央総合病院 vs 原木三丁目

板橋中央総合病院 vs 原木三丁目(10-0)

2014年4月13日 舎人公園野球場

担当:吉田将来

1 2 3 4
4 0 1 5 10
0 0 0 0 0

 

 昼間の春の陽気から一転、肌寒さを感じさせる夜。しかし、ここ舎人の地では、冷たい風を切り裂くように白球と熱い声が飛び交っていた。19時丁度にアンパイアの手が挙がり、3連勝を狙う板橋中央総合病院と、今シーズン初戦の原木三丁目の一戦の火蓋が切って落とされた。

新ユニホームお披露目のテンションそのままに、初回から板橋中央総合病院が勢いを見せる。先頭の釘宮選手は四球で出塁すると、すかさず盗塁を決める。無死2塁のチャンスから、2番笛木選手がレフト前にヒットを放ち、1、2番で鮮やかに先制する。ここから、無死2、3塁とチャンスを広げると、4番天野選手のキャッチャーゴロの間に1点、さらに一死満塁から7番星野選手がレフト前へ2点タイムリー。この回一挙4得点を上げる。

その裏、反撃を狙う原木三丁目であったが、2番方山選手と4番守屋選手のヒットで2死2、3塁のチャンスを作るも、後続が続かず無得点に終わる。

2回は両チームランナーを出すも、共にトリッキーなダブルプレーにより結果的に三人で攻撃を終える。

  • 2014.4.13 板橋中央総合病院 vs 原木三丁目
  • 2014.4.13 板橋中央総合病院 vs 原木三丁目
  • 2014.4.13 板橋中央総合病院 vs 原木三丁目
  • 2014.4.13 板橋中央総合病院 vs 原木三丁目

3回に1点を追加した板橋中央総合病院は4回の表に打線が爆発する。先頭の9番細川選手がライト前ヒットで出塁すると、釘宮選手・笛木選手が立て続けにバント攻撃を仕掛ける。これが原木三丁目守備の乱れを誘い、6点目を上げると、尚も無死満塁の絶好のチャンスで4番天野選手。初球をとらえ、右中間へ3点タイムリースリーベース。続く6番小熊選手もライトへツーベースを放ち、その天野選手をホームへ迎え入れ、10-0とリードを大きく広げる。

4回裏、4番守屋選手の内野安打と盗塁から一死3塁のチャンスを作るも、板橋中央総合病院の先発細川投手が後続を連続三振に抑え、ゲームセット。板橋中央総合病院が3連勝を飾った。

原木三丁目は、毎回の5安打の攻撃力を見せるも、惜しくもあと一本が出なかった。

板橋中央総合病院は、先発細川投手の4回5奪三振無失点の好投と、大量リードにも気を許さない集中力が光っていた。

試合後インタビュー

板橋中央総合病院 細川大樹さん (吉田将来より)

ヒーローインタビュー 4回5奪三振無失点の好投

ー好投の要因は

「今日は下半身を意識して投げることができた。(普段のピッチングでも、)下半身を意識しています。(そのために、)シャドーピッチングしている」

ーシーズンが本格的に始まったということで、今後の抱負を一言

「まず、G-LEAGUE全勝。あとは、インナーマッスルを鍛えていきたい」

板橋中央総合病院 山谷勇輔さん (吉田将来より)

ー今日の勝因は

「エース細川がしっかり投げてくれて、0点に抑えたこと。あとは、送るところをしっかり送れて、4番がいいところで打ってくれた」

ーチームは3連勝。快進撃の秘訣は

「たまたまではある。しかし、今日は特に自分の誕生日だということもあって、みんなやる気があったと思う。あとは、新ユニホーム初の試合だったのでちょっと思い入れがあったので、いい結果につながったと思う」

ー次戦の抱負を一言

「楽しんで、自分らの野球をしていきたい」

原木三丁目 竹野豊さん(吉田将来より)

ー今日の試合を分けたポイントは

「今シーズン初の試合だったので、立ち上がりのところがバタバタしてしまって、リズムを作れなかった。試合を増やしていかないと、試合の入り方は難しいと思うので、初回が一番悔いが残るイニングだった」

ー次戦への向けて

「なかなか練習時間もとれないが、なるべく皆で連係プレーやシートノックなど、試合形式の練習を増やして、入りのところをバタバタしないように試合の意識を持った練習をしていかないと行けないなと思った」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る