川田3ラン!投手戦をハピネットが制す!!

1223_DSC_0370

泉州電業 vs 株式会社ハピネット(0-3)

2014年4月12日 昭和島運動場

担当:亀山美波

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 3 0 3

 

泉州電業とハピネットの社会人チーム同士の試合は、絶好の野球日和のなか行われた。厚谷、比企の両投手とも立ち上がりから好調で、試合は投手戦となった。

試合が動いたのは5回裏。ハピネットの4番板橋選手が2ストライクから右中間への二塁打を放つも、5番渡辺選手のキャッチャーゴロで二塁走者を殺してしまう。しかし続く6番清水選手の当たりはショートゴロかと思われたが、打球がグラブ手前でイレギュラーしてしまう。これで1アウト1・2塁となり、打席には7番川田選手。その4球目。川田選手のバットから放たれた打球はセンター方向へ高く上がると、球場の垣根を越え、先制決勝打となる本塁打となった。

その後、泉州電業も7回に走者を二塁まで進めるも、ハピネットの比企投手を最後まで打ち崩すことができず、無得点のまま3対0で試合は終了。ハピネットがG-LEAGUE初試合初勝利となった。

両チームともノーエラー、四死球も両投手合わせて3つ。終盤には両チームとも併殺プレーがみられたり、得点圏に走者を置いた場面でダイビングキャッチがみられたりて、白熱した試合となった。

 

試合後インタビュー

株式会社ハピネット 川田祥行さん (亀山美波より)

5回の本塁打

・打席に入ったときの心境
先輩たちが作ってくれたチャンスなので、なんとか返したいと思った。

・前打席と比べて
初球に(前打席で)三振したスライダーがきたので気持ちに余裕ができた。

・今後のバッターとしての抱負
今まであまり活躍できなかったので、今日はよかったです。これからは一戦必勝で頑張っていきたい。

株式会社ハピネット 宮下さん (亀山美波より)

・チームとしてどんな気持ちで臨んだか
初めてで全くわからない状態だったので、とにかく集まったメンバーで力いっぱいやろうと思った。

・試合全体を振り返って
泉州さんもすごくまとまっていていいチームだったし、両チームともピッチャーがよかった。それで締まった試合となり、四球も少なく、たまたま走者がたまったところでうちに大きいねが出たので、今日は勝たせてもらった。

・今後の抱負
ひとつひとつ、集まったメンバーで戦うということで、なるべく多く勝ちたいと思う。力いっぱいやっていきたい。

泉州電業 折戸さん(亀山美波より)

・4回までの厚谷投手について
いつになく立ち上がりからゆったりとして、制球も定まっていて、ヒットを少し打たれたが、非常にいいピッチングが続いていたと思う。

・打撃陣について
今日が今シーズン初の試合ということもあって、少し振りが鈍かったのと、相手のピッチャーの方が配球も上手だったというところと、狙い球を絞り切れず中途半端なバッティングが続いてしまった。

・今後の抱負
今日の試合がいい経験になったと思うので、これからの試合では結果にこだわって試合をしていきたいと思う。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る