最終回に決定打!BITEがデビュー戦同士の対決を制す!

BITE vs  ジャンキーズB(2-1)

2014年4月12日 大沢総合グラウンド

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5 6 7
B 0 0 0 0 1 0 1 2
0 0 1 0 0 0 0 1

 

春むしろ夏を感じさせるような暖かい気候の中、試合が行われた。BITE、ジャンキーズBともにG-LEAGUEデビュー戦となった。

試合は2回まで両者一歩も譲らずチャンスを作るもあと一本が出なかった。ところが3回裏のジャンキーズBの攻撃、ここまでBITEのピッチャー太田選手に4三振と完璧に封じられていた。しかしこの回先頭の8番小島選手が四球で出塁すると、続く酒井選手がきっちり送りバントを決め、一死二塁。二死三塁となった後、2番小池選手がセンター前にはじき返し先制。

4回は両チームのピッチャーの好投が光り無得点。5回表、BITEは一死後、1番中島選手がヒットで出塁する。この回から登板したジャンキーズBの山口選手を攻めパスボール・進塁打・暴投を誘い、1点を返し同点。

6回表、この回先頭のBITE4番の山田選手がレフトへの二塁打で無死二塁のチャンスを作るも、ジャンキーズBの山口選手が後続を切って取り無得点。逆に6回裏のジャンキーズBの攻撃は、この回先頭の3番山田選手が死球で出塁。ところが、次に仕掛けたエンドランの失敗が響きこの回無得点。

すると7回表、BITEのこの回先頭のピンチヒッター関口選手が死球で出塁すると、二死二塁とした後、2番のここまで当たりのなかった瀬戸選手が決勝となるレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち追加点。BITEのピッチャーの太田選手は7回裏のジャンキーズBの攻撃を抑えゲームセット。BITEの太田選手は7回112球完投。
最後までどちらが勝つかわからない、そんな好ゲームでした。こんな見ごたえのある試合を自分もしたいな、とつくづく思いました。軟式野球ではワンチャンスをものにできる、そのようなものを目の当たりにできた試合なのではないかと思います。BITE、ジャンキーズBともに今後のG-LEAGUEでのご活躍を期待しています!

 

試合後インタビュー

BITE 瀬戸翔さん (藤田 昂毅より)

(最終回決勝のタイムリー二塁打)

―最終打席のタイムリーについて―
二死だったので、次のバッターにつなげられるような意識をもって打席に立った結果打ててよかった。

―今後に向けて―
G-LEAGUE初戦勝つことができたので今後も連勝街道をひた走りたい。

BITE 伊藤剛史さん (藤田 昂毅より)

―ご自身の打席を振り返って―
ヒット1本出せたもののランナーのいる場面で進塁打を打つことができなかった。

―今日の試合を振り返って―
先制されたものの同点になれば逆転できると思っていたため1点を何とか取り同点にし、最終回まで粘ることができてよかった。

―今後に向けて―
相手がいいチームだったので、そのようなチームに今後も勝てるように練習していきたいと思う。

ジャンキーズB 柏崎修一さん(藤田 昂毅より)

―ご自身の打席を振り返って―
今日は4番に入ったが、試合の流れを決める(6回の)大事な場面でエンドランをフライにしてしまいチャンスを潰してしまったことが反省。

―今日の試合を振り返って―
盗塁を積極的に仕掛け、決められていた。得点圏にランナーを置いても内野フライなどでチャンスを潰してしまっていた。もともとヒットを量産するチームではないため得点圏から小技を使い点を重ねていきたかったが、無死三塁や一死三塁の形が作れなかった。

―今後に向けて―
いろいろなチームと沢山試合を組み、様々なことを吸収しチームのレベルアップを図っていきたいと思う。そしてG-LEAGUEのランキングの上位を目指したい。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る