終盤に粘りを見せたスパイダースがサヨナラ勝利!

1146_2543

Tslugger vs スパイダース(3-4×)

2014年3月9日 堤野球場

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5 6 7
T 2 0 0 0 0 0 1 3
0 0 0 0 1 1 4

寒さからなかなか抜けない今日この頃、春の陽気に包まれた中試合が行われた。いわゆる野球日和であった。どちらのチームも同世代が主体のチームで試合前からどのような試合になるのか楽しだった。ちなみにTsluggerはG-LEAGUE2戦目。どちらのチームも今季未勝利らしく試合前から意気込んでいた。

試合は初回から動いた。Tsluggerはスパイダーズ先発の平沼選手の立ち上がりを攻め、先頭の島田選手のショートへの内野安打、2番梅島選手から4番柴海選手までの三四死球を絡めこの回2点を先制。

2回は両先発投手が危なげなく切り抜け両者無得点。ところが3回裏、スパイダーズはこの回先頭の7番奥山選手がファーストへ内野安打。ここはTsluggerピッチャー梅島選手が牽制で仕留め一死。ところが8番道川選手、9番平沼選手が連続内野安打で出塁。しかしチャンスを生かすことができずこの回無得点。

再び試合が動いたのは5回裏一死後、8番道川選手が四球で出塁すると、二死後、1番植竹選手の内野安打、続く2番高橋選手が相手チームのエラーを誘いこの回1点を返した。6回裏には長打攻勢で4番の酒井選手、6番の木下選手の二塁打で試合を振り出しに戻した。

7回表のTsluggerの攻撃は、一死後9番久保田(智)選手がフルカウントから四球を選ぶと2番梅島選手のレフト線へのタイムリー二塁打で1点を勝ち越した。試合はこのまま終わるかと思われた。がしかし、スパイダーズは集中を切らさずここにきて本領発揮。7回裏、9番途中出場の東選手がセンター前ヒットから相手のエラーを誘い一気に二塁まで進む。すると1番植竹選手のセンター前ヒットですかさず同点。続く2番高橋選手内野ゴロで、ファーストがもたついている中セカンドランナーだった植竹選手が一気にホームに突っ込みサヨナラ勝ち。試合は結局スパイダーズが接戦をものにした。

試合後審判さんとお話をさせていただいたのですが、思った以上にいい試合だったということであった。自分もどのような試合になるものか試合前から気になっていたものの、結果好ゲームを担当することができてよかったと思う。両チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。そして審判さん、ナイスジャッジでした。野球は最後まで分からない、それを目の当たりにした試合ではなかったでしょうか。今後のG-LEAGUEでのご活躍を期待しています!

試合後インタビュー

スパイダース 植竹尚貴さん (藤田 昂毅より)

投げては2回3奪三振、打っては4打数2安打1打点、サヨナラのホームイン

―打撃面(走塁も込みで)―
あまり前の打席がよくなかったので初球から打っていこうという姿勢がいい結果につながったと思う。走塁はサードがファーストに投げた瞬間に回ろうと思って思い切って回れたのがいい結果につなげられたと思う。

―投球面―
今季初登板であったが、球数が多すぎるかなというのが反省。まっすぐでも三振が取れていたので球が走っていたのだと実感できた。今後は反省点を生かしつつうまく調整していきたいと思う。

―今後に向けて―
(今季)初戦があまりにも良過ぎる勝ち方であり、先が思いやられてしまうけれども、今後もチーム一丸となって頑張っていきたい。

スパイダース 竹淵大樹さん (藤田 昂毅より)

―今日の試合を振り返って―
(投手)1番手の平沼選手は立ち上がりこそ悪かったものの、あとは立ち直って0に抑えてくれたのはよかった。2番手の高橋選手は完璧に抑えてくれた。3番手の植竹選手はエースらしいピッチングをしてくれた。
(打者)ピッチャーゴロが多いのがうちの悪い癖であるものの終盤にひっくり返すといううちらしい戦い方ができたのではないかと思う。

―ムードが途中で変わったと感じられたのは交代のおかげ?―
今まで組んだことのないバッテリーを組ませたところうまくはまってくれた。

―今後に向けて―
今日の試合で全体の戦力を見ることができたから、今後は1つ1つ勝ちを重ねていきたい。

Tslugger 島田拓実 さん (藤田 昂毅より)

―前回の試合と比較して―
前回の試合が打撃戦で、今回の試合は投手戦の勝負でなかなか緊迫したいい試合ができたと思う。

―今日の試合を振り返って―
(投手)ピッチャーのスタミナが不足していたのが敗因かな…と。
(打者)4番打者に当たりがなかったというところが勝てるチームとの差なのかな、と思う。

―今後に向けて―
今後は取られても取り返せるくらい打って、勝ちに貪欲にこだわっていきたい。

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る