ジャパニーズ先制HR 両チーム計15安打!最終回2死からの同点劇!

1126_5435

ジャパニーズ vs Tslugger (6-6)

2014年2月23日 多摩川緑地野球場

担当:河島あす美

1 2 3 4 5 6
4 0 0 2 0 0 6
T 2 1 0 0 0 3 6

まだまだ真冬の寒さの中、ジャパニーズ vs Tsluggerの試合が行われた。

1回表ジャパニーズの攻撃、相手のエラーにより1.2番で1点を先制すると、走者1.2塁の場面でバッターは5番浅野選手、センターの頭上を越える3ランホームランを放ち、さらに3点を追加した。

4点を追うTsluggerは1回裏、1アウトランナー2.3塁の場面で4番柴海選手のサードゴロで1点を返すと、続く5番中郡選手のセンター前ヒットでさらに1点を追加した。
Tsluggerは2回裏にも1点を追加し、ジャパニーズに1点差に詰め寄った。

ジャパニーズは4回表に、1番佐伯選手が四球で出塁すると、2番小川選手3番中村選手4番関口選手の連打で2点を追加し、点差を3点に広げた。

3点を追うTsluggerは6回裏2アウトから8番吉田選手がセンター前ヒットで出塁しすると、9番武田選手1番島田選手の連打で2点を返し、さらに2番北川選手の打球が相手のエラーを誘い同点に追いついた。

試合規定により100分が経過したため試合は6回で終了。6-6で両チーム引き分けとなった。

厳しい寒さの中でも両チームともよく声が出ていて、積極的な盗塁が多く見られるなど、活気のある試合となった。

また1回にジャパニーズにホームランがでたり、最終回2アウトからTsluggerが3点差を返し同点に追いついたりと、とても見応えのある試合だった。

試合後インタビュー

ジャパニーズ 山田彰弘さん (河島あす美より)

-本日の試合を振り返って
今年は雪で練習もできず、試合もできなくて今回始めてで、その割りには皆よくできていたかなと思います。細かいところのミスがちょっと多かったのでそれが失点に繋がったと思いました。

-1回のホームランについて
あの辺で点を取って、もうちょっと流れを持ってきてもう2.3点早めに取ってたらよかったんですけど。

-次回に向けての目標
もうちょっと失点を少なく、守って勝てるようにゲーム展開していきたいです。今日はよく点は取れてたので次回は勝ちたいです。

Tslugger 島田拓実さん (河島あす美より)

-G-LEAGUE初戦を振り返って
初戦なのに皆緊張せずにしっかり戦ってくれたと思います。

-最終回の攻撃について
最終回はシナリオ通りのゲームができたと思っています。

-次回に向けての目標
今回の試合で守備がガタガタだったので、そこを修正して次回のゲームはしっかり守れるようなゲームにしたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る