初戦初勝利!板橋中央総合病院 大量リードで逃げ切り!

板橋中央総合病院 vs 原宿フェロース(12-4)

2014年1月19日 二子球場

担当:三俣美稀

1 2 3 4 5 6
3 2 3 1 1 2 12
0 0 0 3 1 0 4

この試合がG LEAGUEデビュー戦となる板橋中央総合病院は、先発投手の三森投手と打線がうまく噛み合い、6回まで毎回得点で見事初勝利を飾った。

風を味方につけながら、盗塁など足を使って打線を繋いでいるのが印象的だった。選手はもちろん、マネージャーの方々の応援も力になっていたように思う。

一方、原宿フェロースは、9人ぴったりでの戦いだったが、最後まで諦めることなく全員野球をしている、という印象だった。あわやコールドとなりそうだった4回裏の攻撃では、四死球やワイルドピッチなどによりチャンスを掴み、追い上げる姿は試合を見ている側もとてもドキドキした。

監督は今日の反省として、エラーが多かったと話していたが、今後の原宿フェロースの活躍に期待したい。

とても寒い中、両チームのみなさんお疲れ様でした。

 

試合後インタビュー

板橋中央総合病院 山谷勇輔さん (富田隆より)

Gリーグ初戦は見事な勝利でした。
「今シーズンのチーム初戦で、楽しくやれればいいなと思って、やれました。1番笛木の走塁と打撃、あとピッチャーの出来がよかったと思います」

今後の抱負をお願いします。
「寒くてちょっとどうかなと思ったんですけど、夏より楽しいです、暑くないんで。ガンガンやります」

板橋中央総合病院 三森大佑さん(富田隆より)

急に今日 先発と言われて・・・初戦なんで緊張したんですが、バックを信じて投げただけです。ストライクが入ったのと、打撃陣が打ってくれたのがよかった

原宿フェロース 栗原健さん(富田隆より)

残念ながら敗戦となりましたが、よかった点は何でしょうか?
「特にありません・・・。エラーが多くて相手チームに申し訳ないなと思いました。今後はもっと守備面を強化して、次の試合に臨みたいです」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る