宮崎先制タイムリー!ヤンキースが逃げ切り勝利!

1044_0098

山王BLホッパーズ vs 和田町ヤンキース(2-4)

2013年12月15日 ガス橋緑地

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5 6
0 0 0 0 4 0 4
0 0 0 0 0 2 2

12月中旬にもかかわらず雲一つない快晴、グラウンド状態は良好といった絶好の野球日和の中で試合は行われた。ただ一つ、隣のグラウンドから暴投されたボールが転がってくることを除けば…(笑)

試合は4回まで両者一歩も譲らずゼロ行進。和田町ヤンキースはここまで山王BLホッパーズ先発の藤原哲選手に2安打に封じこまれていた。対する山王BLホッパーズは同じく2安打ながら送りバントや進塁打で得点圏にランナーを進めるも、和田町ヤンキース先発の瀬野選手に要所で三振を奪われ、両者ともになかなか点が入りにくい試合展開であった。が、5回表、4回まで46球とテンポよく相手打線を封じていた山王BLホッパーズ藤原哲選手が一死後、和田町ヤンキース8番武藤選手、続く9番の前の打席でヒットを打っていた手塚選手の2連単打でこの試合初めてチャンスメイクされると、すかさず2番手の槇選手にスイッチ。二死となった後、和田町ヤンキースは3番宮崎選手のセンターへの2点タイムリーツーベースで2点を先制し、試合の主導権を握った。

さらに5番佐藤選手にもライトへのタイムリーヒットが出てこの回4点を奪い、試合を決定づけたと思われた。ところが、4点ビハインドの最終回の山王BLホッパーズの攻撃。先頭の4番林選手が内野安打で出塁すると、一死後2四死球で満塁のチャンスを作り、8番藤原哲選手が“取られたら取り返す!”かのごとくセンターへの2点タイムリーで追撃。ところが、和田町ヤンキース2番手栗栖選手が後続を断ち切り、追撃及ばずゲームセット。

両チームの皆様、試合お疲れ様でした。そろそろ野球シーズンもオフとなってくる時期で、和田町ヤンキースはムードよく、一方、負けはしたものの山王BLホッパーズは試合中に気になることは言い合うことでチームの士気を高めていく、両者違ったやり方での試合を運んでいた。でも、共通して言うことができるのは両チームの全員が本当に野球を好きで、かつ楽しんでいること。自分としても試合を見ていて、野球を楽しむとは、ということを学ぶことができたと思う。ありがとうございました。今後の両チームの活躍を期待しています。

試合後インタビュー

和田町ヤンキース 宮崎俊洲さん (藤田 昂毅より)

先制2点タイムリーツーベース!

―今日の打席を振り返って

チームが流れを作ってくれた中で、自分の役目を果たせ、かつ結果が残せて良かった。

―打席の中で考えたこと

夢中だったので、とにかく基本に忠実に来た球をセンター返しということ意識していた。

―今後に向けて

今後は先制を意識し、序盤からチームがいい流れで終盤にかけて守り切っていけるような試合をしていきたい。

和田町ヤンキース 半井優也さん (藤田 昂毅より)

―今日の試合について

先発の瀬野選手がフォアボールを出していた中でも要所を三振で絞めてくれていた。5回にチャンスを作ることができ、3番の宮崎選手がきっちり返してくれ、先制できたのでよかった。

―5回のBIGイニングについて

陰のヒーローとも言える9番の手塚選手の調子が良く、いい形で上位に回すことができた結果生まれたイニングだった。

―今後に向けて

来シーズンは今シーズンの順位を上回れるように頑張りたい。

山王BLホッパーズ 藤原雅文さん(藤田 昂毅より)

―今日の試合について

今シーズン最終戦ということでピッチャーがいない中、よく戦えた。軟式野球ではピッチャーのパワーが大事で、今日の相手(和田町ヤンキース)のピッチャーのようにパワーがあればチーム全体に流れをもたらすことができるから、その点で立ち遅れしてしまったのではないか。

―6回の攻撃について

この回までにチャンスを何度も作っていたにもかかわらず、そのチャンスも2アウトからといったようにエンジンがかかるのが遅かったのではなかろうか。無いよりはあったことで良かったのではないかと思う。

―今後に向けて

来シーズンは今シーズンの課題であるピッチャーを確固とするため、自分が一生懸命投げていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る