4犠打の中防トンネルズ 手堅い攻撃で勝利!

1045_1275

原木三丁目 vs 中防トンネルズ(3-5)

2013年12月15日 錦糸公園野球場

担当:渡辺陽

1 2 3 4 5 6 7
1 0 0 2 0 0 0 3
2 3 0 0 0 0 5

関東地方では初霜を観測した今日ですが、暖かい陽射しに包まれた快晴の錦糸公園で原木三丁目×中防トンネルズの試合が行われました。

1回表

先攻の原木三丁目は先頭打者がエラーで出塁し牽制でアウトにされますが、二死で3番神田選手が二塁打を放つと、相手のエラーの間に1点先制します。一方、守りのトンネルズの木本投手も1点先制されましたがストライク先行のピッチングと自らが牽制でアウトを取るなどファインプレーも魅せ1点に抑えます。

1回裏

トンネルズの先頭齊藤選手が内野安打で塁に出ると2番坂内選手は四球。3番の小川選手が初球できっちりバントを決め、4番の新川選手が四球で満塁。5番の松田選手のところで相手にミスが出て齊藤選手が生還。次に暴投で坂内選手も生還で2点。相手のミスが重なり逆転します。なおもピンチが続く原木三丁目ですが、6番町田選手が放ったあわや犠牲フライの打球をセンター橋本正選手が好返球!三塁ランナー還れず、この回を1点差にとどめます。

2回表

守りのトンネルズはヒット2本打たれますがこの回5人を0点に抑えます。

2回裏

先頭の9番田原選手がエラーで出るとすかさず盗塁。1番の齊藤選手がバントで三塁に送ります。この場面に2番の坂内選手もバントでスクイズ。相手のミスを誘い、小技を絡め更に1点を上げます。

3回表

先頭の2番中井選手がエラーで出塁しましたが、サード松田選手が捕りセカンド新川選手、ファースト小川選手とボールが送られ続く打者を併殺。内野連携をあっさり決めこの回初めての三者凡退。

3回裏

原木三丁目の山田投手も負けていません。3つめの三振と変化球をうまく使い、三者凡退。

4回表

二死から7番山田選手がヒットで出塁すると8番橋本能選手がセンターへ大きな当たり。ダイヤモンドを一周して余裕のホームイン。ランニングホームランで2点を追加し、2点差。

4回裏
2番の坂内選手をエラーで出塁させてしまいますが、先ほどホームランの橋本能捕手が坂内選手の盗塁を刺し、守備でも好プレーを魅せます。

5回表
死球は出したもののすべて内野ゴロで0点に抑えます。

5回裏
4回に続き先頭打者を出しますが、またもや橋本能選手の強肩で2回目の盗塁刺。原木三丁目バッテリーが踏ん張り、この回も0点。なんとか攻撃につなげたいところ。

6回表
二死から7番山田選手が今日、3本目の安打が三塁打。バッテリーエラーが出ても1点という緊迫の場面で、トンネルズの町田捕手も必死でボールを前で止めます。8番橋本能選手をショートゴロに抑えピンチを切り抜けます。

6回裏

原木三丁目の投手が竹野投手に代わり四球は出しましたが、4人に抑え最終回を迎えます。

7回表(最終回)

トンネルズも阿相投手に代わります。
2番の竹野選手を死球で出しますが、危なげない投球で4人でしめました。

小技を絡め、相手のミスから確実に点を取り、点差を守りきったトンネルズが5-3で原木三丁目に勝利しました。

 

両チームの印象ですが、原木三丁目さんは試合の間隔が空いてしまったとの事で、そのせいか最初は守りのミスが目立ちました。しかし3回から安定し、山田投手の5回5奪三振。盗塁刺、センターからの好返球など見所がたくさんありました。バッティングでも6安打と長打力もあるチームの印象です。

一方、中防トンネルズさんですが、バント、スクイズなどの小技や、好返球に阻まれましたが外野への犠牲フライで確実にランナーを進め点を取れるチームの印象です。守りでも全体的な守備力もいいですが、木本投手のほぼストライク先行のピッチングと球数の少なさ、点を与えた後も落ち着いて後続を断つ安定感とテンポの良さを感じました。
両監督さん共に野球に対しての取り組み方がよくわかり、つたないインタビューにもしっかりと答えて頂きありがとうございました。

試合後インタビュー

中防トンネルズ 菊地直樹さん(渡辺陽より)

Q.今日の試合を振り返ってどうでしたか?

A.グランドの環境もあり試合前になかなかアップ時間が作れなかった。その為、うちのチームで一番気にしている試合の入り方(プレイボールの時にはMAXの状態でいる)が充分にできなかった。そのせいか立ち上がりにかなりエラーが頻繁に起こり失点したので、今後の反省点になると思います。

Q.良かった点は?

A.もともと打てないチームだが打てないなかでどうやって点数をとるか。内野ゴロ、走塁、バント。今までやってきた事ができた。ヒットがなくてもゴロで点を取る事ができた。

Q.前回のGleagueの試合から間が空いてますが?

A.別のリーグの大会で決勝がありそちらに力を入れていたが、それが終わり次第Gleagueでやろうと思っていた。今日はうちのチームの最終日だが、最後にやれて良かった。うちの選手達もかなり励みになって、楽しみにしているので非常に良かったです。

Q.来年に向けて抱負などをお願いします。

A.今年は3試合しかできなかったので、まず、試合数を増やす。色んなチームの方々と試合をして経験させて頂きたい。正直、それほど力で勝てるチームではないので、強いチームとやった時に今までやってきた事、我々の野球がどれくらいやれるものかを試す、いい機会にしたいと思っています。とにかく一生懸命、マナーよくやっていきたいと思います。

中防トンネルズ 新川典幸さん(渡辺陽より)

2回に二塁打で1安打1打点1得点で4点目となるホームイン!

Q.何を考えて打席にはいりましたか?

A.(逆転して1点差で)追加点がほしい所だったので、もう1点とれたらいいなと思い打席に立ちました。

Q.4番を打っていますがバッティングには自信がありますか?

A.そんなにないです。

Q.ちょっと緊張していますか?

A.はい、緊張しています。

Q.ヒーローインタビューは初めてですか?

A.初めてです。

Q.意気込みをお願いします。

A.これからも勝ってランキング上位になっていけたらいいなと思います。

Q.最後にファンの方へ一言お願いします。(笑)

A.頑張ります。(照笑)

原木三丁目 竹野豊さん(渡辺陽より)

Q.今日の試合振り返ってどうでしたか?

A.雨で中止など、前回より試合の間隔が空いてしまって序盤にミスが続き、やらなくていい点を何点か与えてしまった。3回、4回で馴染んでくると試合もまとまってくるが立ち上がりがもったいなかった。

Q.投手の球速も早くてよかったと思いますが?

A.相手チームが細かいいい野球をしていた。それに我々は翻弄されてしまった感じ。

Q.前回(8/17)から試合の間隔が空いたとの事ですが、今日を迎えるにあたって何かありましたか?

A.なかなか準備ができず、その点が反省点です。

Q.前回の課題はバッティングということでしたが?

A.わりとヒットが続いて良かった。各自が努力してくれていたんだと思う。

Q.ご自身も6回から投手で入られましたがいかがでしたか?

A.1ヶ月前にケガをして久々の登板で四球を1個だしたがそこそこの出来でした。

Q.次の試合に向けての意気込みをお願いします。

A.冬の間に自分の課題が見つかったと思うのでしっかりと鍛えて、野球できる気候になった時に全力でできる様に冬の準備が大事だと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る