2桁得点で原宿フェロースがウィルゲートに圧勝!

1025_0312

原宿フェロース vs ウィルゲート(10-0)

2013年12月1日 二子球場

担当:亀山美波

1 2 3 4
0 0 0 0 0
0 1 5 4 10

 

晴天の下行われたウィルゲートと原宿フェロースの試合は10対0、4回コールドで原宿フェロースの勝利となった。

両チームとも初回は三者凡退、投手2人は上々の立ち上がりとなり、特に原宿フェロースの先発・栗原は相手を三者三振に仕留める素晴らしい投球をみせた。

原宿フェローズが先制したのは2回裏、4番・湯山が四球で出塁すると盗塁で2塁まで進塁。その後5番・朝倉が2ボールからレフトオーバーのツーベースを放ち、1点を先制。

4回には3つの四死球と7番・石川のピッチャー強襲で2点を奪うと8番・伊藤がライト線にツーベースを打った。この時点で10対0となり、コールド試合が成立した。

ウィルゲートも2回、4回と走者を得点圏まで進めるも相手投手をなかなか攻略できず、無得点に終わってしまった。

試合後インタビュー

原宿フェロース 栗原健さん (亀山美波より)

自身の投球を振り返って

初回の三者三振はできすぎでした。キャッチャーは僕の調子をよくわかっていてくれて、ボールが高めに浮いてきたら低めに構えてくれたりしてくれました。コントロールが課題なので磨いていきたいです。

チーム全体として試合を振り返って

あそこまで得点できたのもできすぎでした。先週みんなでバッティング練習した成果が出たと思います。負けるときに大敗することが多いのでそうならないチームづくりが課題です。

ウィルゲート 古谷勝さん(亀山美波より)

試合を振り返って

打てないですね。なかなか打てなくて無得点だったのが悔しいです。投手の調子も、三十路が近くなってきてストレートの威力が落ちてきてるのも否めないですね。来年に向けて走り込みを始めるということだったので期待したいです。

これからの目標は

まずは一勝したいです!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る