投打ががっちりかみ合いハードライナーズ勝利!

670_0969

ハードライナーズ vs 六本木ゼウス(8-2)

2013年6月29日 上井草スポーツセンター

担当:中澤真紀

1 2 3 4
0 1 0 1 2
0 3 1 4 8

一回表 六本木ゼウス 1死からライト前2本続くも後続に1本が出ず。
二回表 六本木ゼウス  四球のランナーが内野安打と四球2つで1点先制。
その裏 ハードライナーズ  田中選手の三塁打とゴロ間の生還で3点返し逆転。

三回裏 ハードライナーズ  一点追加。
四回表  六本木ゼウス  四球のランナーがエラーの間に生還。1点返す。
その裏  ハードライナーズ 三塁打3本などで4点追加。

時間規定により試合終了。
ハードライナーズが勝利をおさめました。

以上が公式記録内容となりますが、今回実は幻の五回表が存在しました。

五回表、六本木ゼウスは、3エラー、3四球、4ヒット、林選手のホームラン・・・猛攻で8点取り逆転!

しかし、時間的に非常に長い回となったことで、リーグ規定により時間打ち切り、4回表裏終了までの記録にて試合成立となりました。

試合後インタビュー

ハードライナーズ 田中拓志さん (中澤真紀より)

今日の試合の自分のよかった所は?

「点を取られた回にすぐ逆転をできるヒットを打ててよかったです。」

今後の抱負は?

「最後の回に成立はしたかったとは言えひどい展開になってしまったので今後の反省としていきたいです。」

ハードライナーズ 西岡玲央さん (中澤真紀より)

今日の試合の良かった点と悪かった点は?

「良かった点はみんなよくバットを振れたことです。悪かった点は相手チームはどんな打球でも全力疾走して一生懸命やっていたが、自チームは抜いていたりそういう選手が何人かいてひどく反省する所です。野球をバカにしていると思うのでそういうのを絶対なくしていきたいです。」

六本木ゼウス 板倉大樹さん(中澤真紀より)

今日の試合を総括してどうでしたか?

「良かった点は声が出てた所と公式記録には残らなかったが、最後打線が爆発したことです。もう少しやったら勝てたのではないかと思います。悪かった点はキャッチャーとサードが悪かったので次は使いません(笑)。次は助っ人で外国人がはいってくるので今度は一回に50点とってコールドで勝ちます(笑)。

今日の気合を踏まえて今後の抱負は?

「今後は今の選手層では大会で優勝できないと思うので全員入れ替わるくらいメンバーを集めます(笑)」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る