大羽田好投!杉並タイヤーズ勝利!

杉並タイヤーズ・大羽田投手

杉並タイヤーズ vs 芝浦工大two.p.e(3-0)

2013年7月7日 上井草スポーツセンター

担当:渡辺陽

1 2 3 4
2 1 0 0 3
0 0 0 0 0

関東地方は昨日、平年より早い梅雨明けをし、珍しく晴れた7月7日の七夕。天気は晴れ。真夏さながらの猛暑の中で試合が行われました。

1回表、青いユニホームの杉並タイヤーズの攻撃、先頭打者の小笠原選手が四球で出塁すると、ワイルドピッチなども重なり3番、小林(隼)選手の内野ゴロの間にまず1点を先制。 その後もヒットと四球でランナーを出し、7番小林(誠)選手がヒットを打って1点を加え2点のリード。

2回裏も、この回先頭の大羽田選手が死球で出塁し、3番の小林(隼)選手が自身、2打点目となるセンターオーバーの3塁打を放ち、更に1点を追加します。

対するtwo.p.eの攻撃は1回の裏、1番の指宿選手と2番の中村選手がクリーンヒットを打ち、ノーアウトランナー一、二塁のチャンスを作りますが本日のヒーロー、タイヤーズの大羽田投手に後続を打ち取られ、2回にもヒットを2本放つものの要所を抑えられ得点することができません。
タイヤーズの投手、大羽田投手も『コントロールに気をつけた』と言う様に、2回までバッターに対しての球数少なくスマートなピッチング。
3回表は、two.p.eの投手、石塚投手のナイスフィールディングで併殺打もあり、打者を3人に抑えます。

3回裏のタイヤーズの守り、セカンド石橋の華麗なダイビングキャッチも飛び出し、この回は四球でランナーを進ませるも、ここまで4三振、無失点の好投をみせます。

4回表、調子を取り戻したtwo.p.eの石塚投手がこの回も3人で抑え、最終回の逆転の期待につなげます。
4回裏、投手が大羽田投手から小林(隼)投手に代わり、攻撃のtwo.p.e先頭、樋口選手が四球で塁に出ます。8番千葉選手に代わって代打の眞口選手も死球で塁に出てノアウト、一、二塁の同点のチャンスを迎えます。…が後が続かず、三振と凡打でチャンスを活かせず、ゲームセットとなり杉並タイヤーズが試合を制しました。

試合後インタビュー

杉並タイヤーズ 大羽田竜也さん (渡辺陽より)

ー本日、無失点でしたが心掛けていたことはありますか?

暑かったので、コントロールだけを気を付けました。

ー今日の試合を一言でお願いします

勝ちはしましたが、小さいミスとか…投手で言うと四球など細かいミスをなくしていくという事が大事だと思います。

ー今後に向けて一言お願いします

とにかく、投げる試合は勝ちたいと思うので頑張りたいと思います。

杉並タイヤーズ 小林誠人さん (渡辺陽より)

ー本日の勝因は何ですか?

暑かったので後半になると元気がなくなると思い、初回のうちに細かいプレーで1点、2点を取ろうという所が点数につながって集中して出来た結果だと思います。

ー今後に向けてどういったチーム作りをしたいですか?ー

一球、一回に集中して最後まで楽しくやれる野球を目指していきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る