勝負強い末廣ヌードルズが蒼天に競り勝つ!

710_0531

蒼天 vs 末廣ヌードルズ(1-3)

2013年7月14日 麻布運動場

担当:山路亜実

1 2 3 4 5 6
0 0 0 0 0 1 1
0 0 0 1 2 3

 

太陽が照りつけ、夏らしい暑さの中始まったと思いきや、途中、突然の夕立に見舞われた、蒼天vs末廣ヌードルズの一戦は、1-3で末廣ヌードルズの勝利となった。

3回まで、互いにランナーを出すも、なかなか得点につながらない、緊迫した試合となったが、4回裏、2死 ランナー1,3塁の場面で、末廣ヌードルズの6番 鈴木選手が試合の均衡を破るレフトへの強いライナー制の安打で先制。

この回で試合の流れを引き寄せた、末廣ヌードルズは、5回にも1番 瀬尾選手がレフトへの二塁打で、続く2番 山内選手もライトへの安打で追加点をあげた。

投げては、先発 高橋投手が、ボールが先行し四死球を5つ出すも、四奪三振で4回を無失点に抑え、5回から登板した、山中投手は被安打2本で1点を許すも、続く打者を三振、凡打と安定した投球で、きちんと抑えた。

対する蒼天は、四死球も絡め、毎回得点圏にランナーを出すも、得点にはつながらなかった、しかし、6回表に7番 打保選手、9番 浅田選手の2本の二塁打で1点を返すも、反撃はここまで。

投げては、石井等投手が1回、2回と三者凡退に抑え、5回まで五奪三振と好投を見せた。

守備では、4回裏、セカンドの浅田選手が、ライトに抜けるかというヒット制のあたりを、守備位置の好判断で、セカンドゴロに抑える好プレーを見せた。

しかし、今回の軍配は、チャンスをものにした、末廣ヌードルズに上がった。

試合後インタビュー

末廣ヌードルズ 大澤照明さん (山路亜実より)

・今日を振り返って

序盤からピンチの連続だったんですけれども、何とかしのいで、ワンチャンスをものにして、繋げることができました。

・一番良かったこと

ピンチが続いた中で、先制点が取れたということが、勝利のポイントだと思います。

・今後の課題

本来打撃のチームなのですが、まだまだパッとしない部分があるので、みんなで集中して、一戦一戦大事に戦って行きたいと思います

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る