笹尾3ラン!横濱マリーンスターズ快勝!

731_t4327

横濱マリーンスターズ vs DON(9-3)

2013年7月20日 三ツ沢公園野球場

担当:黒川麻希

1 2 3 4 5 6 7
D 2 0 1 0 0 0 0 3
1 0 0 8 0 0 9

厳しい日差しが照りつける中行われた横濱マリーンスターズ対DONの試合は、中盤に猛攻を見せた横濱マリーンスターズが9-3で勝利しました。

横濱マリーンスターズは初回先頭のプラダン選手がストレートの四球で出塁するとすかさず盗塁を決め、バッテリーエラーの間に生還し1点をあげる。猛攻を見せたのは4回、一死2・3塁から小林選手の2点適時二塁打で同点とすると、その後も勢いが止まらない横濱マリーンスターズ打線は、満塁から嶋田選手が四球を選び押し出しで勝ち越し、さらには満塁のチャンスで4番・佐々木(執)選手が右中間への適時打を放ち加点した。さらには5番・笹尾選手のレフトへの3ラン本塁打で、この回8点をあげ勝利を引き寄せた。
投げては右の本格派・嶋田投手が力強いストレートと緩急自在の変化球で、被安打4、7回を完投した。また初回には二つ牽制で刺すなど、投手としての完成度の高さを見せた。

対するDONは初回、3番加藤選手の中前適時打で先制すると、失策も絡みこの回2点を先制した。また3回には9番・近藤選手の打った瞬間にわかるライトへの本塁打で1点を追加した。しかし4回以降調子を上げる嶋田投手の前になかなか走者を出すことができず、得点できなかった。
投げては先発・近藤投手が3回までは順調な投球を見せるものの、4回につかまった。4回二死からマウンドに上がった大野は2・1/3回を1安打に抑える好投を見せた。近藤投手・大野投手ともに緩急を用いた投球で、アウト18コのうち8コを内野ゴロにとる制球の良さを見せてくれた。

試合は横濱マリーンスターズの4回の打者一巡の猛攻が試合を決める形となりました。マリーンスターズ打線はファーストストライクを積極的に狙い、7安打で9点と効率よく得点をあげました。また5盗塁と、隙のない野球をしたのが勝因だったと思います。

試合後インタビュー

横濱マリーンスターズ 笹尾翼さん (黒川麻希より)

-4回のダメ押しとなる3ラン本塁打を振り返って

1打席目はチャンスで回ってきたが凡退していたので(※結果は四球)、もう一度チャンスで回ってきたので狙っていこうかなと思っていました。

-打った感触は

完璧でした。

-今後の課題・抱負

最近調子が悪かったので、打率を上げながらホームランも狙っていきたいです。

横濱マリーンスターズ ラジャ・プラダンさん (黒川麻希より)

-チームとして試合を振り返って

今日で6試合目で、内容のよい試合で2勝目をあげることができました。序盤は相手投手のスローボールに苦しんだが、中盤になってタイミングが合ってきてビッグイニングを作ることができた。これからも打線がつながる試合をしたい。

-ご自身は打席でも、4打席2打数2安打でしたが好調の要因は?

深夜勤務のため、寝ずにハイな状態でリポビタンDで乗り越えました(笑)

-今後の課題・抱負

勝っていくのも大事だが、せっかくG-LEAGUEに入ってたくさんのチームを試合ができるので、たくさん試合をして強くなっていきたいです。キャラクターはいいチームなので、打線がつながるようにしたいです。今日はエースで勝てたのがよかったです。

DON 近藤心也さん(黒川麻希より)

-試合を振り返って

スイングの速いチームを相手にいい感じで試合をしていたが、中盤につかまってしまいました。

-ご自身の投球を振り返って

甘い球は力がある分どんどん放り込まれるので、コントロールに甘さがあった。

-打席では本塁打も放ったが

ビヨンドではなく普通のバットを使っているので結構飛んだのでは。

-打った瞬間わかるようなあたりでしたが

そうですね、慣れてないのでダイヤモンドを回るのが恥ずかしかったです(笑)一応チーム本塁打王なんですけど…

-今後の課題・抱負

楽しくできればいいが、そろそろ勝ちにこだわってやっていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る