乱気竜、毎回得点でシーソーゲームを制する!

726_0907

乱気竜 vs 原宿フェロース(9-6)

2013年7月20日 多摩川六郷橋緑地野球場

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5
3 1 0 0 2 6
3 2 3 1 9

 

試合は日差しの照りも激しくなく天候も悪くもなく、これこそ野球日和!という中で行われました。両チームともに声の掛け合いを行っていて、チームワークの良さがうかがえる試合でした。見ていたこちら側も存分に楽しめた試合ではなかったかと思います。

先制したのは先攻の原宿フェロース。初回、2番常川選手がフォアボールで出塁すると、ワイルドピッチで二塁に進塁した後、3番栗原選手がレフト前タイムリーヒットを放ち先制。その後もワイルドピッチやエラーを絡めこの回3点を先制。ところが一回裏の乱気竜、先頭の松村選手がフォアボールで出塁すると、すかさず盗塁。この回2つのフォアボールとワイルドピッチ、エラーを絡めノーヒットですかさず3点を返し同点。二回表の原宿フェロース、先頭の7番猿井選手がフォアボールで出塁すると1番門野選手がレフトへタイムリーツーベースを放ち、1点を勝ち越した。

ところがその裏の乱気竜、この回先頭の8番兵頭選手がフォアボールで出塁すると2つの盗塁とワイルドピッチですかさず同点。さらに9番徳久選手もフォアボールで出塁すると、盗塁、エラー、デッドボールなどでホームインし、逆転。さらに三回裏には、この回先頭の7番山崎選手・9番徳久選手がフォアボールで出塁し、ここで1番松村選手がセンターへタイムリースリーベースを放ち2点追加。さらにフォアボール、デッドボールを絡めこの回3点を追加し、四回裏にも1点を追加し、原宿フェロースを突き放した。ところが最終回の原宿フェロースの攻撃、1アウトの後3番の栗原選手がレフト前ヒットで出塁し、4番の湯山選手がフォアボールで2者連続出塁しチャンスを作ると、エラーや牽制エラーをもたらし、この回2点を返した。ところがこの流れを乱気竜のピッチャーの山崎選手が6、7番を2者連続三振に切って取りゲームセット。

両チームのみなさん、暑い中での試合お疲れ様でした!追いつき、追い越されという展開でどっちが勝つかハラハラした試合でした。どちらのチームも楽しく試合をしていたというのが印象的でした。今後の両チームのG-LEAGUEでのご活躍を期待しております!

試合後インタビュー

乱気竜 戸谷隆宏さん (渡辺陽より)

-今日の試合を振り返っていかがでしたか?

投手のコントロールが良くなかったが粘り強く投げてくれた。序盤は追う展開だったがランナーが出たら足をからめてかき回して、バッターも走者を進めるバッティングをしてくれたのでそれが良かった。

-普段の試合と違う点はありましたか?

普段はもっと守備にエラーが出るが、今日はランナーが出ても割りと固く守備が出来たので最小失点に抑えられた。後は、ボール球を振らなくなった。

-今日は良い試合が出来たってことですか?

はい、そうですね。

-次の試合に向けて目標をお願いします。

ピッチャーはもっとストライクを取ってリズム良く試合を進める事と、バッターはバントなどの小技をからめてねちっこい野球をしていけたらと思います。

乱気竜 山崎康平さん (渡辺陽より)

-今日の試合を振り返っていかがでしたか?

ストライクがあまり入らず苦しかったが粘り強く投げられてチームもよく守ってくれたので、なんとか勝つことができました。

-5回までで6三振取りましたけど取り足りないとかありましたか?

三振は特に意識したことがない。自分はストレートとカーブしかないので、ポイントポイントでコースを狙って投げる事を意識した結果うまく取れたんだと思います。

-良かった点、あれば悪かった点を聞かせてください

悪かった点はバッテリーエラーというか投手のエラーや牽制ミスが多すぎた。
良かった点はそれでも粘り強く投げる事ができて大量失点されなかったこと。

-今後の意気込みをお願いします

一戦、一戦を勝っていって是非、優勝したいと思いますっ!

原宿フェロース 栗原健さん(渡辺陽より)

-今日の試合、打席を振り返ってどうでしたか?

バッティング面ではチャンスで打てたので良かったと思います。敗因としてはピッチャーのフォアボールが多かったので修正していきたい。

-チーム全体を振り返ってどうでしたか?

常に声が出ていて良かった。途中エラーもあったが下を向かず声を出し続けられた事が良かった。

-今後に向けてお願いします。

今日の対戦相手を見てても、バッテリーがすごくしっかりしていたので、バッテリー強化を重点にしていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る