打線爆発のパンパースがG-LEAGUE初勝利!

RKUパンパース vs 原宿フェロース(13-1)

2013年11月10日 夢の島総合運動場

担当:富田隆

1 2 3 4
1 0 0 0 1
0 5 5 3 13

江東区の夢の島総合運動場で行なわれた試合は、RKUパンパースがコールドゲームで原宿フェロースを破り、Gリーグ初勝利を挙げた。強風が吹き荒れ、フライの対処が難しい試合となった。

パンパースは1点ビハインドで迎えた2回に反撃。先頭の橋村選手がセンター頭上を越える安打で出塁し、小池選手が投手のグラブを弾く強襲安打で続いた。ここから2死満塁とすると、押し出しの四死球と相手エラーでこの回5点を挙げ、逆転に成功した。

3回には猪狩選手が左中間を深々と破るソロ本塁打。3番竹内選手と5番橋村選手にも適時打が飛び出し、5点を加え大勢を決めた。 先発の田中投手は4イニングを投げ切り、1失点・奪三振4のナイスピッチング。

フェロースは初回、1番門野選手がセンター前に弾き返すと、続く常川選手は投手強襲安打。さらに栗原選手がライトオーバーの適時打で続いて、先頭からの3連打で1点を先制した。 しかし以降の回では、相手のフライ好捕に走者が戻れずダブルプレーとなるなど なかなかチャンスを広げられず、得点できなかった。

試合後インタビュー

RKUパンパース 猪狩大地さん (富田隆より)

3回先頭打者で本塁打を放つ。

もっと点数をとってピッチャーを楽にしてあげたいという気持ちと塁に出ようという気持ちで打った結果がホームランにつながりました

今後の目標は

より塁に出てチャンスを広げて、チームに貢献したいと思います

RKUパンパース 矢野竜斗さん (富田隆より)

Gリーグで初勝利を挙げることが出来てよかった。今後はGリーグでどんどん試合をして、2勝目3勝目を目指して1勝ずつ重ねていきたい

本塁打の猪狩選手について

(朝の地震の影響で)遅刻して来たけど、よく打ってくれたなと思います(苦笑)

原宿フェロース 栗原健さん(富田隆より)

(先発登板した自身の投球については)自分のフォアボールが多かったのが課題。(監督として振り返ると)全体的に守備でのエラーがすごく目立った試合だったなと思います。打撃面に関しては、(相手の田中投手が)すごい良いピッチャーだったんですが、その中でそれぞれの力を出しきれたんじゃないか

今後に向けては・・・やっぱり守備力!をもっと強化して、次の対戦に向けて頑張っていきたい

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る