先頭打者HR!GIANT EXPRESSが勝負を制す!

978_0084

横濱マリーンスターズ vs GIANT EXPRESS(0-3)

2013年11月3日 上高田野球場

担当:藤田 昂毅

1 2 3 4 5
0 0 0 0 0 0
G 1 0 0 2 0 3

今日の試合は、新井薬師前駅最寄りの上高田野球場にて横濱マリーンスターズとGIANT EXPRESSの試合がナイターで行われた。寒さが若干あったものの、とても野球をしやすい気候下での試合となりました。

GIANT EXPLESS初回の攻撃。先頭バッター中川選手がカウント1-1からの3球目を振り抜き、ライトへのホームランでいきなり先制。2番市川選手も右中間へのヒットで続くものの、横濱マリーンスターズ先発の笹尾選手が守備の助けもあり後続を断ちきった。

両チームともこのまま四回表まで両チームのピッチャーの踏ん張りで0行進であった。ところが、試合が動いたのは四回裏のGIANT EXPLESSの攻撃。この回は3番の篠原選手から始まる攻撃で、横濱マリーンスターズピッチャーの笹尾選手が6球で2アウトを取ったものの、5番長内選手のフォアボールをきっかけに6番中村選手がライトへの三塁打に加えエラーも絡み2点追加。続く7番佐々木選手もレフトへのヒット。さらに8番黒木選手もフォアボールで出塁したものの、続く9番の飯田選手を横濱マリーンスターズピッチャーの笹尾選手がサードゴロに打ち取った。

五回表裏両チーム互いに0点で、ここで時間規定によりゲームセット。

両チームのみなさん、お疲れ様でした。時間規定にかかってしまい、もっと試合が続いていれば…と悔いが残るところではありますが、わずかに、靄がかかっている中での試合はボールが見にくかったかもしれません。その中でもお互い全力プレーの試合を担当できたことをうれしく思います。

両チームともに実力差の拮抗した試合でした。またこのカードを見られたら、と思います。今後の両チームのG-LEAGUEでのご活躍を期待しております!

試合後インタビュー

GIANT EXPRESS 中川光さん (藤田 昂毅より)

―今日の試合について(自身)―

打順を入れ替えて1番を打ち、何とか塁に出ようという気持ちで打席に立った。それが結果的に抜けたのでよかった。

―今日の試合について(監督)―

勝因としてエラーがありながらもピッチャーが0に抑えてくれたのがよかった。

―今後のG-LEAGUEでの試合に向けての抱負―

今日のような点を取られないような試合をしていきたいと思う。

GIANT EXPRESS 中村啓さん (藤田 昂毅より)

―今日の打席について―

特に2打席目は2アウトからで、なんとか2塁ランナーを返そうと、そして次につなげようという気持ちで打席に立った。

―今後に向けて―

得点力不足っぽいところがあるチーム事情であるのでコツコツ点を入れて試合1つ1つ勝っていきたいと思う。

 

横濱マリーンスターズ ラジャ・プラダンさん (藤田 昂毅より)

―今日の試合について―

相手はまとまっていてすごくやりがいのあるチームだった。守備の面では負けてはいたが、ミスによって3つものダブルプレーを取ることが出来て、そのまま流れを持ち込みたかったが相手ピッチャーの交代に翻弄されてしまった。でもまたリベンジしたいチームだった。

―今後のG-LEAGUEでの試合に向けての抱負―

集まり具合によって、打順を組み替えるなどして、いつも通り楽しく声を出してプレーしていきたいと思う。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る