篠原が足で魅せる!GIANT EXPRESS勝利!

s

F-WINGS vs GIANT EXPRESS (1-2)

2013年8月4日 大宮健保グラウンド

担当:北村真子

1 2 3 4 5 6 7
G 0 0 0 0 1 1 0 2
F 0 0 0 1 0 0 0 1

今回の試合はGIANT EXPRESS 対 F-WINGSの試合です。F-WINGSはG-LEAGUEデビュー戦となります。試合開始前、空が曇っていたものの試合開始と同時に快晴に!とても暑い中での試合となりました。

序盤は、両チームとも、ランナーを出し得点圏まで進めるものの、両チームの好投手に阻まれ、なかなかホーム、1点が遠い状態でした。
しかし、試合が動いたのは4回裏、F-WINGSの攻撃!1アウトからツーベース、レフト前ヒットと続き、盗塁を阻止しようとしたキャッチャーの送球はショートの頭上を超え、その間にランナーが生還、F-WINGSに先制点が入ります。

しかし、その直後の5回表、GIANT EXPRESSの攻撃も負けていません。相手のエラーで出塁したのち、盗塁やパスボールで足を絡めて確実に塁を進めます。そして、内野ゴロの間にランナーが生還し、すぐに同点、追いつきました。
次に試合が動いたのは、6回表、GIANT EXPRESSの攻撃!センター前ヒットから二盗、三盗と足を生かしてランナーを進めます。三盗を阻止しようとしたキャッチャーの送球はサードの頭上を超え、その間にランナーが生還、結局この1点が決勝点となりました。
結果は2 対 1 GIANT EXPRESSの勝利となりました。

両チームとも、ランナーが出れば、足を絡め、どうにかしてランナーを進めて得点を奪おうという姿勢が見られました。また、得点圏にランナーがいる際の両チームの投手の好投も素晴らしく、引き締まった試合となりました。
デビュー戦であったF-WINGSは負けてしまいましたが、これをバネに今後もG-LEAGUEで試合を重ねてほしいと思います。
両チームともよく声が出ているいいチームだったな、と感じました。今後の両チームのG-LEAGUEでの活躍を祈っています。

 

試合後インタビュー

GIANT EXPRESS 篠原貴幸さん (藤田 昂毅より)

自らチャンスメイク→決勝のホームイン

―最後の打席について

何とか転がそうと意識して打席に入り、ボールが当たった後は無我夢中で走った。打席の中で出塁したら盗塁しようと狙っていた結果の3盗だった。

―今後に向けて

守備が雑であるため、打撃よりも守備を重視して練習していきたい。そして、チームに貢献したいと思う。

GIANT EXPRESS 中川光さん (藤田 昂毅より)

―今日の試合について

バッティングが悪かったにもかかわらず何とか1点取ってくれ、勝つことができた。

―ヒーローの篠原選手について

打球を転がしてくれ、何とか仕事をやってくれたと思う。

―今後のG-LEAGUEでの試合に向けての抱負

今日のように調子が悪い状況であっても、確実に勝っていきたいと思う。

F-WINGS 服部俊英さん(藤田 昂毅より)

―今日の試合について

―今日の試合について
自分たちよりも若く、明らかに良いチームに対して途中までリードを取り、善戦できた試合だった。
先発の栗尾君が試合を作り、2番手の高橋寿騎君に変え、勝負をかけたのにもかかわらず自分のまずいプレーが出てしまい負けにつながってしまったのが反省点。チーム的には打つところは打てたし、守るところも守れたので◎。ところが、負けたのはやはり悔しい。

―今後のG-LEAGUEでの試合に向けての抱負

日々の体調管理をし、体力を作り直し、秋から冬前に1試合でも多くもっともっといい試合していき、春までにチームを作り直していく。チーム一丸となりミスは反省し、もっともっといい試合ができるように頑張っていきたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る