江黒満塁弾!NEO UNIVERSEが打撃戦を制す

末廣ヌードルズ vs NEO UNIVERSE(5-8)

2013年8月18日 千住新橋野球場

担当:中前信

1 2 3 4
N 1 1 2 1 5
N.U 1 4 0 3 8

 

真夏の照りつけるような日差しと、強風により決して恵まれたコンディションではなく、両チームにミスが目立つ試合展開となった。

NEO UNIVERSE先発の小久保投手は力のある速球を見せていたが、初回末廣ヌードルズ2番山内選手にライト後方へ大きな当たりを浴び、グラウンドルールによりホームランとなった。
続く打線はしっかりと抑え、流れを取り戻したNEO UNIVERSEはその裏すかさず5番窪寺選手による犠牲フライで1点を取り返す。

2回表、末廣ヌードルズは6番伊藤選手にチーム2本目のホームランが飛び出し1点を勝ち越すも、代わってNEO UNIVERSEの2番江黒選手は1死満塁のチャンスに連打を浴びテンポを崩しかけていた高橋投手の球をジャストミート、満塁ホームランとなり逆転に成功。

その後、末廣ヌードルズは相手のミスに乗じて追い上げを見せるも、4回裏NEO UNIVERSEの攻撃、高橋投手は3四球を出すなどで勝ち越しを許し、時間規定によりゲームセットとなった。

試合後インタビュー

NEO UNIVERSE 江黒優駿さん (中前信より)

2回満塁ホームランを放つ!

打ったときは

1点差で迎えたチャンスだったが、後続に頼れる先輩方が居たのでアウトになっても、という気楽な気持ちで打席に立てた。初球からスライダーを狙っていたが、甘いスライダーが来たので打てて良かった。

試合を振り返って

打った後にエラーをしてしまい、チームに迷惑を掛けてしまったので、しっかり練習したい。

NEO UNIVERSE 大谷卓巳さん (中前信より)

守備から交代し4回、自身シーズン初ヒットとなるタイムリーを放ったNEO UNIVERSE大谷選手

試合を振り返って

ベンチから見ていて、ハラハラさせる展開が多かったが、ピッチャーが要所要所を締めてくれたので良かった。

4回のタイムリーについて

打てるとは思っていなかったが、外の球が上手く合ってくれて良かった。

末廣ヌードルズ 大澤照明 さん(中前信より)

試合を振り返って

ミスが多すぎた。これではなかなか勝たせてくれないな、という印象だった。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る