マリーンスターズ笹尾 無安打ピッチング!

ブレイバース vs 横濱マリーンスターズ(0-2)

2013年10月12日 東綾瀬公園野球場

担当:亀山美波

1 2 3 4 5 6 7
0 0 0 0 0 0 0 0
0 1 1 0 0 0 2

昼間は真夏のような暑さに見舞われたが、夕方には涼しさが感じられ、丁度よい気候の下試合は行われた。
ブレイバースと横濱マリーンスターズの試合は投手戦となり、2対0で横濱マリーンスターズの勝利となった。

初回は両チームとも三者凡退からのスタートだった。

横濱マリーンスターズが先制したのは2回裏。4番・佐々木選手が四球で出塁すると、進塁打や捕逸を絡めて二塁まで進んだ。そして、二死から7番・ミゲル選手が追い込まれながらもファールで粘り、7球目が中堅手の頭上を超え、先制の二塁打となった。そして次の回にも、9番・中村選手が失策で出塁すると、盗塁などで三塁まで進むと、一死から2番・斎藤選手がレフト前に適時打を放ち、1点を加えた。

守備では投手・笹尾投手がノーヒットノーランを達成!!

4回・5回には四死球でピンチを招くも要所を締め、得点を許さなかった。終わってみれば7イニング中5イニングが三者凡退となっていた。三振は2つと少なく、打たせて取る投球でブレイバース打線を抑えた。しかし、ブレイバースの投手・清投手も素晴らしい投球を見せてくれた。2点を失ったものの、打たれた安打は適時打の2本だけだった。ただボールが先行してしまい、先頭打者を出してしまったことが失点の原因になったのではないだろうか。打撃では4回・5回に一死二・三塁とチャンスを広げたものの、あと1本が出なかった。

両チームの投手とも素晴らしい投球を見せてくださり、とても締まった試合になりました。失策も両チーム合わせて3つと、野手の皆さんも投手を盛りたてていたように思います。

両チームの皆さんお疲れさまでした。

試合後インタビュー

ブレイバース 森戸克也さん(富田隆より)

(相手の笹尾投手について)

思った以上に伸びる球で、バッターが差し込まれてしまい結果フライが上がったり詰まったゴロになったりした。軽く投げてるようで手元で伸びる打ちにくいピッチャー。ウチの打線は打てないもんですから、相まってノーヒットになってしまった感じ。ちょっと打撃には工夫が必要だったかな

横濱マリーンスターズ 笹尾翼さん (富田隆より)

ノーヒットノーラン達成

最初はちょっと軽めにコントロール重視で投げた。4・5回で崩れたが、そこで気合を入れ直したという感じ。久しぶりの登板だったんでどうなるかなと思ったが、感覚で何とか投げられた

横濱マリーンスターズ 井上慎さん (富田隆より)

ノーヒットノーランは凄いラッキー。今日は助っ人が数名いてそのお蔭で守備が強化されてて、それですごい助かった。ピッチャー(笹尾投手)はいつもピッチャーというわけじゃなく、サードをやってる選手。今日はテンポよく投げたと思う。打線は相手ピッチャーに翻弄された感じ。特に僕が全然打てなかったんで、次回またリベンジさせてもらいたい

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る