2桁得点でブレイバースが試合を制す!

926_4678

ブレイバース vs テラルベースボールクラブ(10-7)

2013年10月12日 東綾瀬公園野球場

担当:亀山美波

1 2 3 4
B 2 8 0 0 10
T 2 2 0 3 7

19時からの試合ということもあり、寒さと強風のなかで試合が行われた。
ブレイバースとテラルベースボールクラブの試合は点の取り合いとなり、10対7でブレイバースの勝利となった。

両チームとも投手の立ち上がりが失点に繋がった。
1回表、先発・塚本投手が先頭打者を打ちとったが、自ら打球の処理をミス。これが投球にも影響したのか、続く2番・河野選手にも四球を与えてしまう。その後3番・山田選手を三振に打ちとるも、捕逸で走者が二・三塁に進む。その後4番・5番に四球を続けてしまい、押し出しで1点を与えてしまった。そのほか失策も絡まり、この回ブレイバースは2点を先制。しかしその裏、テラルベースボールクラブも2得点。ブレイバースの先発・篠澤投手が四球・死球を2つず与えてしまい、味方の併殺エラーもあり失点を重ねてしまう。

2回表にはブレイバースは打線が一巡し、8得点!! 一気に相手チームを引き離した。その裏、テラルベースボールクラブは9番・前田が一死からレフト前ヒットで出塁すると、1番・藤原(雅)選手が四球で一・二塁とすると、二死から3番・山田選手がレフト線に二塁打を放ち、走者を一掃して2点を返した。

3回は両チームとも無得点。4回裏にテラルベースボールクラブは9番・前田選手が内野安打で出塁。相手の失策や捕逸で三塁まで進むと、2番・南雲選手がセンター前安打で1点を返す。その後二死から4番・山口選手の内野安打で一・三塁とすると、5番・宮田選手が左中間へ打球を運んだ。この回3得点するも追いつかず、10対7で試合が終了した。

点差がつくかと思われた試合だったが、思わぬ形で両チームともに大量得点となりました。後半は投手陣も投球が尻上がりになり、最後までどちらに転ぶかわからない面白い試合でした。

両チームの皆さんお疲れさまでした。

試合後インタビュー

ブレイバース 宮元拓也さん (富田隆より)

2回に勝ち越しの中前安打。

1試合目(横濱マリーンスターズ戦)でノーヒットだったので、(今度は)4番らしい仕事をしようと思って打席に立った。うまく打てて良かった

ブレバース 森戸克也さん (富田隆より)

前半は相手ピッチャーのコントロールが定まっていなかったので、よく見極めて甘い球だけ打っていくことを徹底した。結果、ボール球は見逃せたし打てる球は打っていけた。ピッチャー(篠澤・清澤の投手陣)はボールのバラツキがあったけど、悪いなりに何とか粘り強く投げてくれた

(チームとして今後は)

あまり強いチームではないですけど、負けても勝っても明るく楽しく一戦一戦やっていこうと思ってます

テラルベースボールクラブ 横川敦史さん(富田隆より)

投手陣が最初 悩んでいたかなという部分があった。打線としては点数は取っていて、勝てる試合だったと思う。ちょっとエラーが目立って、それが敗因になってしまった

(チームとして今後は)

Gリーグ1試合目のときに『練習不足』と言いましたが、まだ練習の機会を組めていない。試合以外にもそういう機会を作って、チーム力を上げられるようにしたい

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る