2回に一挙6得点で原宿フェロースが大勝!

835_0499

原宿フェロース vs テラルベースボールクラブ(9-4)

2013年8月31日 桜川球場

担当:清水宏美

1 2 3 4 5
T 1 0 1 0 2 4
F 3 6 0 0 9

秋晴れと呼ぶにはまだ早い、残暑の厳しい晴天の中、テラルベースボールクラブ対原宿フェロース戦が行われ、原宿フェロースが2試合ぶりの白星を飾った。

試合はまず、一回表のテラルベースボールクラブが、松崎選手の二塁打と宮田選手の犠牲フライで挙げた先制点から始まった。しかし、一回裏、原宿フェロースが、デッドボール・フォアボールで塁に出たランナー2人を栗原選手mpセンターへの二塁打でホームに返し、逆転。さらに石川選手のショートゴロで一点を追加した。さらに満塁とチャンスをつくるが、塚本投手が奪三振をし、イニングチェンジ。

2回裏、テラルベースボールはフォアボールでの出塁を重ね、満塁のチャンスをつくったが、最後は栗原投手が打ち取り、この回は無得点。一方、原宿フェロースは2回裏、門野選手が2盗塁で果敢に塁を進め、川俣選手が一気にひきよせる三塁打で2点を追加。さらに高桑選手・小野選手・伊藤Jr.選手の打線が爆発して一気に点を重ねる。

3回表、追いかけるテラルベースボールクラブは、横川選手がレフトへ大きく二塁打を放ち、続く石川選手の二塁打で一点返すも、その後のランナーを返すことが出来ない。3回裏では、塚本投手が石川投手に二塁打を許すものの、2人の打者を打ち取り、最後は奪三振で抑え、失点なしで次へつなぐ。

4回表、振り逃げで出塁した山口選手が盗塁を重ね果敢に攻めたが、最後本塁には戻れず終わってしまう。裏は、塚本投手が原宿フェロースの打者を三者凡退に抑え、次の最終回へ勝負をかける。

5回表、石川選手がレフトへ二塁打を打つ。代打で出場した知久は自らはアウトになりながらもランナーをひとり返し、さらに相手のエラーが手伝いもう1点を追加する。粘り強く追い上げを狙うものの、湯山が最後の打者を三振に抑え、試合終了となった。

試合後インタビュー

原宿フェロース 川俣さん (清水宏美より)

(試合の流れを決めた三塁打)

ー2回裏の3ベースが、試合の流れを決定づけました。どのような気持ちで打席に立ちましたか?
いい流れの中で打順が回ってきました。
5番に起用してくれた2塁ランナーの栗原監督をホームに返す事だけ考えて打席に入りました。

外角低めのストレートだったと思います。
ボールに逆らわず素直にバットが出て上手く右中間を抜けてくれました。
チームの勝利に貢献出来て、嬉しいです。

 

原宿フェロース 栗原健さん (清水宏美より)

ー試合を振り返っていかがでしょうか?
自分が先発で投げ、熱中症で途中交代のハプニングがあったが、色んな選手に助けられ、チーム一丸となってえた勝利でした。

ー打撃が好調でした。
試合前もみんなで打ち込み練習をしていたのですが、その成果を試合で出せました。

ー今後の取り組みを教えてください。
投手力をもっと強化していきたいです。自分も二番手で投げた湯山も、もっと精進していきます。

 

テラルベースボールクラブ 横川敦史 さん(清水宏美より)

ー本日の試合の良かった点を教えてください。
初回からバッティングにみんなが積極的に臨め、途中も途切れることなく戦い続けられたことです。

ーでは、反省点を教えてください。
守備が単調だったので、チームで守備練習をして総合力をあげていきたいです。

ー本日、デビュー戦でした。今後の抱負をいただけますか。
チームとして楽しく参加しながら強くなっていって、今日の原宿フェロースさんにもまたリベンジできればと思います!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る