磯崎が逆転弾!かめさんず初勝利!

かめさんず vs CUTTING EDGE(2-1)

2013年9月8日 亀戸野球場

担当:河島あす美

1 2 3 4 5 6 7
C 0 0 1 0 0 0 0 1
0 0 2 0 0 0 2

真っ暗な空で、今にも雨が降りそうな天候の中、CUTTING EDGE vs かめさんずの試合が行われた。

両チーム合わせてヒット5本という投手戦であったが、被安打わずか1に抑え、ツーランホームランを放ち逆転したかめさんずが勝利した。

かめさんずは初回に1アウトから2番齋藤直選手がセンター真っ暗ヒットで出塁。直後に盗塁を決め、その後も3塁まで進塁するも決定打が出ず。

3回表に先制されると、その裏、1アウトから9番星野が四球で出塁し盗塁を決める。続く1番磯崎選手がレフトの頭上を越えるツーランホームランを放ち逆転する。

その後もランナーを出すも追加点は奪えず。1-2で辛勝した。

先発の齋藤恭投手が被安打1と素晴らしいピッチングだった。ホームランを打った磯崎選手は3打数2安打、守備でもファインプレーを見せるなど絶好調だった。

CUTTING EDGEは1回2回とランナーを出すも、決定打が出ず。しかし3回、四球を2つ選び、1アウト1.3塁とすると、1塁への牽制間に3塁ランナーが好走塁を見せ、先制する。

しかし、その裏に逆転されると、5回には1アウトから9番細野選手がショートへの内野安打で出塁、1番有坂選手が送り、2番小川選手がワイルドピッチ四球を選び2アウト1.3塁とするも、あと一本が出ず。その後も相手ピッチャーの好投に抑えられた。

惜しくも負けてしまったCUTTING EDGEだが、野手のエラーもなく記録に残らない好守もあった。打線も5つの四球を選び、チャンスを作っていたと思う。先発の相沢投手も最小失点に抑え、ナイスピッチングだった。

 

試合後インタビュー

かめさんず 磯崎悠矢さん (河島あす美より)

-ホームランを打った時の感触は?
負けてたので、ピッチャーのために打てて良かった。

-好調の要因は?
どうですかね…。あんまり寝ないほうが力が抜けて最近打てるので、結構それが良い結果につながっている。忙しいほうが。

-守備でもボールが多くきていたが
普段あまり守備は得意なほうではないが、たまたまグローブに…。あとファーストのカバーもあったので、感謝です。

-今後の抱負
とりあえずやっと勝てたので、この流れで。のったら強いので、ずっと勝っていきたい。もっと強いチームにも。

CUTTING EDGE 近藤和彦さん (河島あす美より)

-試合を振り返って
一年振りに先発した相沢がかなり良かったが、課題は打線が全く……。1安打では勝てません。

-今後のチームの方針
楽しく怪我なくやりたい

-試合の反省点
守備面ではエラーも無く、ピッチャーも良かったので合格点だが、やっぱり打線が…。

-今後は打線を極めていく?
もうそういう歳ではないので極められない。

かめさんず 下羽義人さん(渡辺陽より)

ー良かった点、悪かった点を教えて下さい
良かった点は、守備が比較的守れて良かった。二、三塁にランナーをためても抑えられた。
悪かった点は打撃がもうちょっと…(打てれば)。
3回表の守備で1点取られた所は仕方なかったがしっかり守れたら勝てるチームになると思います。

ー先制されたがすぐに逆転しましたね?
磯崎選手がよく打った。作戦はなかったが目線を送っていました(笑)

ー磯崎選手の打率が好調ですが、何かありますか?
ここ最近、上げてきている。

ー齋藤(恭)選手も好投されてましたがいかがですか?
涼しいせいもあり7回まで平均的にいい球がいっていた。ナイスピッチングでした。球数が増えてしまうので、(本日、四死球が6)四球が減ればノーヒットノーランも可能だった。

ーいつもこの様なピッチングですか?
今日は良い方。10点中、8点でよく打ち取っていた。

ー今後の抱負などあればお聞かせ下さい。
下羽監督) 守備は今日のぐらいでいい。バッティングに関してはみんなで当てていきたい。当てれば何かあるのが草野球ですから。見逃し三振も減らしていけたらと思います。

 

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る